新しい銀座の発信地、RAMO FRUITAS CAFE。

Pocket

銀座 PLACE 3F にできた common ginza にできた RAMO FRUITAS CAFE に初めて来ています。

フタバフルーツの成瀬さんがフルーツセレクトされているお店で、今年の 9 月のオープン時にはとっても話題になりました。

 

3F に上がってくるとエレベーターの扉が開いた瞬間から見えるフルーツジュースが提供されるカウンター。

グリーンがあしらわれた広々とした店内に、植物の根をモチーフにした照明。どれも果物好きの食いしん坊心をくすぐる空間に、ワクワクします。

今日飲んだのは季節のフルーツミックスジュース。この時期は柿とリンゴでした。風邪気味だったからたっぷりビタミンチャージ。

 

 

メニューはフルーツジュースやスムージー、フルーツを使ったスイーツだけでなく、カフェらしいプレートランチもフルーツ✨

しかも、フルーツがたっぷり入ったフルーツウォーターとハーブウォーター、フルーツ酢がセルフで自由に飲める天国。

今日はお腹いっぱいでランチはできなかったのだけれど、次はお腹を空かせて来ようと、次の予定を立てたくなってしまうでないか。

 

“common” とは「共通」「共有」といった意味がありますが、銀座の街を見下ろすガラス張りの店内は、まさに新たな銀座の発信拠点。もちろんたくさんの美味しいお店はいっぱいあるものの、その一方でファッションや文化の発信地としてのイメージの強い銀座の街で、新たな発信拠点としてできたこの場所が、”フルーツ” を軸にしたものであることがとっても嬉しく思うと同時に、世界的に見ても素晴らしい日本のフルーツたちがここを起点に発信されていくことを願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

You may also like