掲載情報をいくつかと新しいコーナーを作ったよの報告。

Pocket

先日、赤坂 Zum Eichen Platz(アイヒェンプラッツ)さんで行われたイベントに行って、ドイツでの滞在から戻った後だからこそ感じたことなどをWEBマガジンビール女子のコラムにてレポートしましたよ。

↑↑↑上のリンクのこのブログに載せた記事にはない、おいしそ~な画像(実際、美味しかったぁ♡)とかも入っていますので、赤坂界隈に出没する方はぜひご覧くださいませ。

【編集長yuccoのビール女子旅 in ドイツ】番外編!!帰国後に味わう旅の余韻♫-赤坂アイヒェンプラッツ

アイヒェンプラッツさん、ランチもやっているらしいのでビジネスマンの方など、平日の真っ昼間っからドイツに行った気分が味わえます。ま、日本ほ社会で働かれている以上、昼間っからビールはご法度だとは思いますが。お料理も美味しいので、ぜひとも。

そして、かなりお久しぶりになってしまいましたが、ブログを掲載いただいている、こちらもBeer WEBマガジンの“TRANSPORTER”様にて新年一発目の更新をさせて頂きました。去年は全然更新できなかったのですが、今年はもう少し更新頻度を増やしていきたいと思います。

ビールを美味しいと感じるのに、何がきっかけとなるかはその人次第。

というタイトルで書かせてもらったのですが、最近、本当にしみじみ感じています。

もちろん、造り手の方は純粋に色んな雑念とかを極力遠ざけた状態で美味しいものを目指すのだと思うのですが、やっぱり飲み手の状況というのは様々で・・・。例えば極論ですが、彼女にフラレてひとりぼっちで迎える大晦日とかだったら、どんなに美味しいビールでも、やっぱり気持ちよく酔えないし、どんなに好きなビールでも、その日美味しいと感じられるかどうか怪しい。人間の味覚なんて常々色々な影響を受けているということだと思うのです。

話しは少し脱線しますが、私は嫌いなもの、というのがほとんど無いのです(まだ食べたことのないものの中にはあるかも。とくにゲテモノ類)が、やっぱり、美味しく食べられるものが多いほど、人生豊かになるということを信じて止まないわけなんです。

だって、せっかく楽しい彼とのコースディナーに、嫌いなものばっかりならんで出てきちゃったら??お料理って一つ一つ味が違うのに、10種類のお皿が並ぶコースのうち、3つしか美味しいと感じられなかったら??やっぱりそれは悲しいこと。

ここで話しを戻すと、だから、色んな周りの状況に影響されやすい人間の味覚だからこそ、たまたま色んな条件が重なって、それまでなんとも思ってなかったものを美味しい!!と感じられる瞬間があったなら、「チャンス到来-♡♡♡」とでも捉えて、躊躇せずに食べてほしい、飲んでほしいと思うのです。

そんなチャンスはどこに転がっているかわからないということです。

今回の旅ではお国柄、ということもあり、ビールを飲みに行ったわけではなかった場所でもどこでも様々なビールと出会うチャンスがありました。そんな旅を終えて、常々思うこと、あちこちに掲載させて頂いておりますので、ぜひぜひご覧下さいねー。

そして、会社を辞めたのを機に、yuccoの転職奮闘記というカテゴリで転職に纏わるアレコレを書いてみようと思います。

多分、私の転職事情になんて興味ねーよと思った方々、いっぱいいると思います。だから、今後一切のこのコーナーについての更新情報をFacebookには載せません(私のブログの多くがFBからの流入なのです、お友達、ありがたや)。

でも、会社を辞めてみなければ分からなかったこと、行政的な手続きとか(私が無知なのかもですが、知らない人は他にもきっといる)、新たに学んだことなど備忘録的にメモしていこうと思っています。あくまでケース・バイ・ケースだと思うので、誰にでも当てはまることではありませんが、これがいつか1mmくらいは誰かの役に立つことを願って。

ですので暖かく見守ってもらえればと思いますー。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です